• ホーム
  • 業務案内
  • 業務実績
  • 会社案内
  • 採用情報

人の基本が心なら、家の基本は土台(地盤)です

業務の流れ

地形・地質の特性を総合的に解析、提案し、最適な調査計画を立案いたします。

営業、現場、報告書までのすべてを弊社の技術者が担当しており、安心してお任せ頂けます。

ページの先頭に戻る

業務内容

業務品目 種別 工種
①現場調査 ・ボーリング調査
・孔内試験各種
・計測機器設置、観測
・サウンディング試験各種
・平板載荷試験
・品質管理
・埋設物・地中障害探査
・老朽化診断
軟弱地盤、岩盤の機械ボーリング PS検層、孔内水平載荷、透水試験等 地下水位観測、地盤変位観測 スェーデン式サウンディング試験等 道路(単純載荷)、構造物(繰返載荷) 現場CBR試験、現場密度試験等 地中探査レーダー等 強度試験、鉄筋探査、中性化試験等
②試料採取 ・コアサンプリング
・不攪乱試料採取
土、岩、改良体、コンクリート、杭体等
③室内土質試験 ・物理試験
・力学試験
湿潤密度、粒度、含水比等 一軸、三軸試験、設計、修正CBR等
④配合試験 ・セメント、石灰 配合一軸、CBR試験等
⑤さく井・排水工事 ・さく井工事
・排水工事
観測井戸、揚水井戸 ウェルポイント工法、ディープウェル工法
⑥建設コンサルタント ・試験計画、設計 液状化、杭検討、仮設計算等

ページの先頭に戻る

ボーリング調査

様々な原位置試験、試料採取後の室内土質試験に利用が可能である。
【併用する試験】 孔内水平載荷試験(LLT)、原位置試料採取、現場透水試験、孔内検層、液状化判定

ページの先頭に戻る

平板載荷試験

直接地盤に計画構造物相当の荷重を載荷して、地盤の強度を求める試験。
直接基礎の構造物建造時に利用する。

ページの先頭に戻る

改良体コア採取

地盤改良後のチェックボーリングとして、改良体をφ66~120mmのコア状で採取する。
採取後は室内において、一軸圧縮強度を確認し、改良体の施工管理に用いる。 鉛直、水平、斜めなどの試料採取も対応可能である。

ページの先頭に戻る

室内土質試験

ボーリング等により採取された、乱れの少ない試料を用いる事により、室内で各種土質試験を行う。
土の力学特性、物理特性を求める。
【主な土質試験】 含水比試験、土粒子の密度試験、粒度試験、一軸・三軸圧縮試験、圧密試験、中空ねじり三軸等

ページの先頭に戻る

各種品質管理

現場施工後に品質の合否を判定するために行う試験。目的に応じ各種試験を選定する。
【主な試験】 現場密度試験(砂置換、RI試験等)、ポータブルコーン貫入試験、現場CBR試験、スェーデン式サウンディング試験等

ページの先頭に戻る

主要使用機械

ボーリングマシン… 7台 その他
孔内水平載荷試験… 2台 ボーリング各種採取装置
スェーデン式サウンディング試験… 2台 ポータブルコーン試験器・現場CBR試験器
平板載荷試験… 2台 鉄筋探査機・室内土質試験器一式
現場透水試験器… 1台 不整地運搬機
現場密度試験器… 2台 コアカッター